沖縄に台風がやってくる時期

夏にはたくさんの台風がやって来る

沖縄とは夏に観光のピークを迎えますが、同時に夏場には台風が盛んに接近するという側面があります。気象庁の公開資料によると、7月・8月には1年平均で3つ前後の台風が沖縄に接近するほか、多い年にはひと月に6回も接近するので注意が必要です。例えば夏場にひと月3回接近するとなると、せっかく沖縄までやってきても曇りや雨だと海の美しさを堪能できない上に遊泳禁止で泳げないリスクも伴います。そのため、夏場に1泊2日くらいの弾丸(短期)沖縄旅行に行くのはリスクが高い事といえます。もし夏場に沖縄にやってくる場合は1泊2日といった短期の旅行ではなく、台風で泳げない日があっても次の日には泳げるように、ある程度長めの旅行をするのがおすすめです。

5月から11月までは要注意

沖縄への台風接近数は本州より少し早く7月・8月にピークを迎えますが、その時期以外にほとんど台風が近づいて来ないというわけでありません。本州同様に9月・10月あたりも要注意で、平均的には2回前後しか接近しないものの、過去には9月に5回・10月に4回も接近した例があります。特に秋に入っても9月は接近が多めのため夏同様に短期旅行には向かない季節です。さらに9月・10月だけではなく、11月に入って台風が襲来してくる年もありますので、11月についてもやや注意が必要な時期となっています。また、本州では5月に台風が上陸するようなケースはほとんどないものの沖縄は台風シーズンの到来は早く、5月には台風が沖縄に接近しはじめます。そのため、確実に晴れている中で海を見たい場合・泳ぎたい場合は、本州よりだいぶ暖かい4月頃に来るのがおすすめです。

竹富島のツアーは沖縄の離島ツアーの中では最も好アクセスで、日帰りの観光客も多いです。島の暮らしを肌で感じられ、昔懐かしい沖縄の風景とゆるりとした時間の流れに、身も心も癒されること請け合いです。